社員のヒトリゴト

セントラルメディカルの社員が当社を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

行事報告です・・一応。。

ども、先週愛娘(犬)にマジ噛みされたEOSです。
IMG_0002-1.jpg

くっそー・・飼い主に対して・・絶対許せん!

いや、実は先週いつもより早く帰ったことがあったんですよ。

そしたら嫁と子供二人で小さいシフォンケーキを1ホール、
私に黙ってこっそり食べてたんですね。

大体これもムカつく話だと思いませんか?

ケーキ1ホールを3等分するってどーよ!?

十字に切れば簡単に4人分に出来るのに
なんでわざわざ子供の分度器使って120度でカットするんやっちゅー話ですわ。

そして愛娘(犬)には敷紙を舐めさせてたんです。

敷紙ってのはケーキの下に敷いてある、あの丸い紙です。
(いちいち言わなくても分かるか・・w)

犬でさえシフォンケーキを味わってるのに、
なぜか一家の主の分が無い。。orz

嫁と子供二人はもうすでに食べ終わってたので
一口も貰うことができず、
仕方ないから犬の咥えてた敷紙にこびり付いてたケーキの
残りカスに目を付けたんですね。

ま、簡単に言うと犬の分から少し頂こうと思ったわけです。

そんで人差し指を紙に近付けた途端に・・


ガブッ!ですわ。


今“たかがチワワに噛まれたくらいで・・”
と思った人!

小型犬だと思って侮っちゃいけません。

例えチワワと言えど本気で噛み付かれたら
簡単に血が出ます。

ホントに痛すぎて声すら出ませんでしたから。

愛玩犬なのに、この瞬間は完全に野生化。

本性丸出しです。

一瞬本気で殴ったろかって思いましたが
そこは人間の理性でグッと我慢しました。
(犬から無理やり奪おうとした私が悪いんですけどw)

んでもその後
「俺がパンを食べてるとき、いつもお前に少し分け与えてるのに
お前はたかがシフォンケーキのカスでご主人様をマジ噛みするっちゅーのはおかしいやろ!」
・・と犬にコンコンと説教してる自分が情けなかったです。

ま、それはさておき、

6月12日、金曜日。

恒例行事のボーリング大会が行われました。

今回のボーリング大会は今までと場所が変わり、
コロナワールドが会場。
DSCF2003_1.jpg

今年初参加の新入社員もたくさんいたので
大会は大いに盛り上がりました☆
DSCF2002_1.jpg


それにしても今回のボーリング大会、
多分私の記憶史上最悪のスコアだったんで
今回は正直言ってあんまり記事を書きたくなかったんですよね。

完全にチームの足を引っ張ってしまいました。

同じチームだったS部長すみません・・orz

チームの平均スコアを大幅に下げたのは殆ど私のせいだと思いますw

このままだと部長に殺されるかもしれないとゆー
半端ないプレッシャーのおかげで
ゲーム中のことは殆ど覚えていません。

ただ覚えてるのは前回のブログにも登場した
残念なN山くんがミスの度に部長からボーリングシューズで
叩かれていた光景だけでしたw

なんだかんだで
今回の優勝チームは斉Tマネージャーチーム。
DSCF2010_1.jpg


個人優勝者はパートのNさんでした。
DSCF2021_1.jpg

ってか私、Nさんの優勝シーンは飽きるくらい
見てる気がするんですけど。

さすが1970年代のボーリング大ブーム経験者。

去年も同じこと書いたような気がしますが、
Nさんみたいな70年代ボーリング世代の人とか・・
何故か優勝常連者のHくんとか・・
こーゆー根本的にボーリングが上手い人達には
絶対にマイナスハンデを与えるべきだと思います。

でないとS部長のようにいつまで経っても
高級牛肉を食べられない人が後を絶ちませんから。

あ、そーいえば話は180度変わりますが

先月有休を頂き・・、

周りの人には京都へ行ってきたと報告しましたが・・

実はUSJに行ってましたw
05.jpg

ちょうどその時期、大阪に行ったなんて堂々と言えるような
雰囲気じゃなかったし、

言ったら絶対にウィルス感染者扱いされると思ったので

偽装工作の京都土産を買うだけの為に
清水寺へ寄り道しました。

ちなみに旅行から帰ってきて3週間以上経ちますが
私を含め家族全員元気です。

万が一今社内でインフルエンザ感染者が発生しても
私がウィルスベクターじゃありませんから。

なんか殆ど自分のことしか書きませんでしたが
とにかく社内ボーリング大会があったよ!って報告でした!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。